時代の流れに合わせた空室対策をして入居者を呼び込もう

微笑んでいる女の人

空室とならないコツとは

部屋

空室とならない注意点とは

不動産投資をするにあたり、賃借人をつけて家賃収入を得ることが前提となります。けれども、どのような物件であっても空室対策は必要になります。ローンを組んで不動産を購入しているのであれば、その返済を丸ごと負担しないためには大事なことです。まず最初に注意すべきことは、立地探しです。賃貸需要が多い場所を選ぶことが大切です。次に空室対策としての注意が必要なのは、管理がしっかりしている物件かどうかです。管理人が常駐してこまめに掃除もされているかをチェックする必要があります。また、長期修繕計画もきちんと立てられているかは大事です。その分の予算はしっかりと確保されているかがポイントというわけです。長く賃借人がつくための要素となります。

工夫したいポイントとは

空室対策として大事なのは、賃借人が住みたいと思える部屋かどうかです。まず室内の清掃はきちんと行うことが大事です。調子の悪い設備も直しておくか交換する必要があります。また、壁の汚れなどもしっかりと補修しておくことが求められます。さらにキッチン周りのデザインなどにひと工夫することで、女性の人気が高まります。また、空室対策として有効なのは家賃保証を利用することです。これは管理会社が提供するサービスですが、相場よりも安い賃料を保証する代わりに、たとえ賃借人がつかないとしても必ず家賃が入る仕組みとなります。安心して資金計画を立てたい場合には、利用価値はあります。このように賃借人が付くよう工夫するか、リスク回避が必要となります。

Copyright© 2016 時代の流れに合わせた空室対策をして入居者を呼び込もう All Rights Reserved.