時代の流れに合わせた空室対策をして入居者を呼び込もう

男の人

これからの人気設備

和室

セキュリティ強化の必要性

賃貸マンションやアパートを経営する場合には空室対策に注意しなければなりません。工夫次第で入居希望者を呼び込むことができる反面、何もしなければ空室が埋まらない期間が伸びるばかりです。最も効果的な空室対策としては、人気設備を設置してアピールすることが考えられます。最近の賃貸マンションへの入居希望者は充実した設備を求める人が多いですので、人気設備ランキングに入るような設備は設置しておく必要があります。特にセキュリティ面での関心は高く、モニター付きインターフォンや防犯カメラの設置は重要です。設置費用はそれほどかかりませんので、入居希望者を集めるための空室対策としては効果的と言えます。補助錠など玄関ドアを強固にすることも重要です。

人気設備を設置すれば入居希望者を集めることが容易になりますが、あまりに費用を投下しすぎると資金を回収できなくなりますので注意しなければなりません。投資資金を回収できないままに次の施設更新の時期が来るような状況では投資の意味がありません。設備投資等を行う場合には収支計画を見直すことで資金回収できるめどをきちんと立てることが重要です。今後予想される人気設備としてエコキュートや追い焚き機能付きのお風呂などがありますが、水回りの設備は費用がかかりますので空室対策としては非効率的です。一方で、セキュリティ設備は低価格で設置が可能になりますので、効率的と言えます。空室対策は費用対効果が重要ですので、今後のセキュリティ設備の強化が予想されます。

空室とならないコツとは

部屋

賃貸経営をするならば空室対策は必要です。家賃でローンを返済しているなら尚更ですが、その方法はふたつあります。ひとつは賃借人が付きやすいような部屋にしておくこと、もうひとつは家賃保証を利用するということです。

View Detail

空室としないポイントとは

内観

不動産経営において、空室対策として賃貸需要の多い物件を選ぶことが挙げられます。特に近年増えている大規模マンションは投資対象としても人気が高いものです。さらに安心できるのが家賃保証です。賃借人がつかなくても収入を得ることができます。

View Detail

安定した収入を得るために

集合住宅

空室対策を行う事は、建物の価値を落とさないだけでなく、収入を増やすためにも重要です。そのための方法として、リフォームは多くの賃貸で行われている人気の方法です。リフォームを行う場合、特に水回りの設備を重視する事が必要です。

View Detail

Copyright© 2016 時代の流れに合わせた空室対策をして入居者を呼び込もう All Rights Reserved.